ゴルフの初心者が気づいたこと

ゴルフを始めて1年目の駆け出しゴルファーが、初心者の視点で気付いたことや、自分なりに工夫している練習方法などを伝えるブログです。

パターの室内練習グッズを改良してみた

こんにちは、ゴルフ歴1年のパスカルです。

自分なりに練習方法を工夫して、こっそりスコアアップを目論んでます。

これまで、テキトーな紙を貼りつけたポテチの筒でパターの室内練習をしていましたが、色々と問題があったので、今回このように改良してみました!

 

f:id:pascal3:20190626181548j:plain

パター練習グッズ

 

コアラのマーチを重ねただけですが、笑っちゃうくらいジャストサイズです。
同僚が今週末にコースへ行くそうなので、せっかくだから使ってみてもらったところ、これが予想以上に大絶賛してました!!
なぜかお礼にロストボールを頂いたけど...このグッズはあげないよ?

それと、今回はこのグッズの名前を付けました。
最後の方で発表しますね!

軽い素材は動いてしまう 

さて、なにが色々と問題あったかと言いますと、素材そのものが軽かったため、ボールが真っすぐ入らなかったり、強く打ってしまうとすぐに筒の位置が変わってしまいます。
酷い時は90度くらい回ってしまい、いちいち角度を直すか、次のボールを打つ場所を変えるかしていました。

 

f:id:pascal3:20190626181602j:plain

クルッ

 

 

また、段差をなくすために貼り付けた紙が、使っているうちにどんどん折れ曲がっていき、ここでボールを弾いてしまいます。
もう、どうにも使い勝手が悪かったのです。

最初、作ってる時点で微妙だなぁと思っていましたけど...

 

作り方は簡単 

見てお分かりの通り、ただ重ねてテープで止めるだけです!
と言っても、上蓋はボールが通る部分なので、少しでも抵抗を減らすため、ハサミで丁寧に切った方が良いと思います。

 

f:id:pascal3:20190627082516j:plain

上蓋は切っておく

 

底蓋は切らずに解体し、一番大きい面を“足”となるようにテープで貼ります。

f:id:pascal3:20190626181636p:plain

底蓋は切らずに剥がす

 

f:id:pascal3:20190627082731j:plain

足になる部分

 

あとは残った部分もテープで補強すれば完成です。

 

f:id:pascal3:20190626181651j:plain

完成!

 

なんとなく望遠レンズに似ていてカッコいい!?

奥行きも長くなったから、ボールの収容量も増えています。


難易度は高くなった 

さっそく使いやすくなったグッズでパター練習を頑張ろう!
なんて、気分も新たに何球か打ってみましたが、なぜか入りづらくなった気がします。

それもそのはず、幅が狭くなっているからでした。

f:id:pascal3:20190626181701p:plain

A:70mm
B:55mm
C:35mm

床に触れている部分(C)が、わずか35mmしかありません。
これ、実際のカップの直径のおよそ3分の1です。
この35mmの上を通過すればほぼ確実に入りますが、(B)の55mmでは角度によっては弾かれてしまいます。
一番広い部分(A)が70mmなので広く感じてしまいますが、かなり集中力が必要ですよ。

ある程度離れたところから、2パットで入れる練習にも良さそうです。

 

君の名は 

さて、このグッズの名前ですが、実際のカップの3分の1しかないのと、コアラのマーチが良い仕事をしていますので、

 

ワンサードマーチ(One third march)

 

に決定です!!(ワーワー、パチパチ)

 

それでは、次のグッズ紹介でお会いしましょう。